専用サーバーホスティング
お申し込み・お見積もりはこちら
トップページ
共有サーバー
共有サーバープランのご紹介
専用サーバー
ご連絡・お問い合わせ先
ご連絡・お問い合わせ先
サービスのご案内
ネットワーク構成
お支払い方法
よくあるご質問と回答
ご利用規約
サポート情報
障害・メンテナンス情報
ご連絡・お問い合わせ先

RedHat Linux / FreeBSD による専用レンタルサーバー構築

リンク
Yahoo!

目次

第1章 総 則

第1条(サービス利用者規約)
第2条(本規約の範囲)
第3条(本規約の変更)
第4条(サーバーリースからの通知)

第2章 サービス利用者

第5条(サービス利用者)
第6条(サービス利用申込みの承認)
第7条(サービス利用申込みの不承認及び承認の取消)

第3章 サーバーの管理等

第8条 (サーバーの管理責任)
第9条(サーバーの一時停止等)

第4章 提供するサービス

第10条(サービスの内容)
第11条 (サービス内容の追加)
第12条(サーバー、ネットワーク及びIPアドレスの利用停止等)
第13条 (サーバー上の文書やデータ等の削除)

第5章 利用料金等

第14条(サービスの利用料金)
第15条(最低利用期間)
第16条 (決済手段)
第17条(決済)
第18条(延滞利息)

第6章 使用条件等

第19条 (サービス内容の変更)
第20条 (サービス内容の無保証)
第21条(サービスの一時的な中断)
第22条(自己責任の原則)
第23条(変更の届出)
第24条(譲渡禁止)
第25条 (サービスの利用停止処分等)
第26条 (サービス利用停止)


第1章 総 則

第1条(サービス利用者規約)
本規約はCEBTT IncによるServerlease.com(以下、ServerLeaseといいます)が提供するインターネット・サービスを第5条所定のサービス利用者(以下利用者といいます)の利用についての一切に適用します。

第2条(本規約の範囲)

ServerLeaseがオンラインを通じ随時サービス利用者に対して発表する諸規定は本規約の一部を構成するものとし、サービス利用者はこれを承諾します。

第3条(本規約の変更)
ServerLeaseはサービス利用者の了承を得ることなく本規約を1ヶ月以上前に合理的な方法でサービス利用者に通知することで随時変更することができるものとしサービス利用者はこれを承諾します。

第4条( ServerLeaseからの通知)
1. 前条の場合の他 ServerLeaseが必要と判断した場合、 ServerLeaseはサービス利用者に対し随時必要な事項を通知します。
2. 前項通知の内容は、合理的な方法で利用者に通知した時点で了承したものとみなします。

第2章 サービス利用者

第5条(サービス利用者)
1. サービス利用者とは、 Serverleaseにサービス利用を申し込み、 ServerLeaseがこれを承認した者、又は将来 ServerLeaseが別途定める方法により利用資格を授与した者を言います。
2. サービス利用者はサービス利用申し込みの時点で本規約の内容を承諾しているものとみなします。

第6条(サービス利用申し込みの承認)
ServerLeaseは、サービス利用の申込を以て、これを承諾するものとします。
1. 申込に係るサ−ビスの提供は、申込を受け付けた順とします。ただし、 ServerLeaseは必要と認めるときは、その順序を変更することがあります。
2. 希望するサーバー、IPアドレス、ホスト名の利用に関わるサービスの提供は ServerLeaseが申し込みの承諾をした順と致します。

第7条(サービス利用申込みの不承認及び承認の取消)

1. ServerLeaseは前条審査の結果、サービス利用申込をした者が以下の何れかの項目に該当することがわかった場合、その者のサービス利用を承認しないことがあります。
(1) サービス利用申込をした者が実在しないこと
(2) サービス利用申込をした時点で規約違反等により利用資格の停止処分中であり又は過去に規約違反等でServerLeaseの利用停止処分を受けたことがあること
(3) サービス利用申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、又は記入漏れがあったこと
(4) サービス利用申込をした時点で ServerLeaseの利用料金の支払を怠っているか過去に支払を怠ったことがあること
(5) ServerLeaseの指定する集金代行業者が当該サービス利用申込者との口座振替委託契約の締結を拒否した場合
(6) その者が未成年者、準禁治産者、禁治産者の何れかであり、サービス利用申込の際に法定代理人又は保証人の同意等を得ていなかった場合
(7) その他 ServerLeaseがサービス利用者とすることを不適当と判断した場合
2. ServerLeaseは承認しなかった理由についてサービス利用申込をした者へその理由を明らかにしないことがあります。
3. ServerLeaseは承認後であっても承認したサービス利用者が前項の何れかに該当することが判明した場合、承認を取り消すことがあります。
4. 本条により ServerLeaseがサービス利用の不承認又は承認の取消を決定するまでの間に当該サービス利用申込をした者又は当該サービス利用者がServerLeaseを利用したことにより発生する利用料その他の債務(オンラインショッピング等ServerLeaseを利用することで ServerLease以外の第三者に対して発生した債務の内、ServerLeaseが当該債権の代理回収を行うものも含みます。以下同じとします)は、当該入会申込をした者又は当該サービス利用者の負担とし、当該サービス利用申込をした者又は当該サービス利用者は第5章の規定に準じて当該債務を履行するものとします。

第3章 サーバーの管理等


第8条 (サーバーの管理責任)
1. サービス利用者は、弊社でサービスとして提供するサーバー(以下サーバーといいます)及びこれに対応するネットワーク、IPアドレスの使用及び管理について一切の責任を持つものとします。
2. ServerLeaseはサービス利用者の利用するサーバー及びこれに対応するネットワーク、IPアドレスが他の第三者に使用されたことによって当該サービス利用者が被る損害については、当該サービス利用者の故意過失の有無に拘わらず一切の責任をも負いません。サービス利用者の利用するサーバーは、サーバーが第三者により不正利用された場合は直ちにServerLeaseに申し出るものとし、 ServerLeaseの指示に従うものとします。又、当該サーバー及びこれに対応するネットワーク、IPアドレスによりなされた利用は当該サービス利用者によりなされたものとみなし、当該サービス利用者は利用料その他の債務の一切を負担するものとします。

第9条( サーバーの一時停止等)
1. ServerLeaseはサーバーが不正に使用されたか、あるいはその可能性が高いと判断したときは、当該サーバーを使用停止とすることがあり、サービス利用者は予めその旨を承諾します。
2. 前項の場合の他、 ServerLeaseが緊急性が高いと認めた場合には当該サービス利用者の了承を得ることなく当該サーバーを使用停止とすることがあり、サービス利用者は予めその旨を承諾します。
3. ServerLeaseが前二項の措置をとったことで当該サービス利用者がサービスを使用出来ずこれにより損害が発生したとしても、 ServerLeaseはいかなる責任をも負いません。

第4章 提供するサービス

第10条(サービスの内容)
サービス利用者は次に挙げるサービス品目のうち、利用料金に応じた品目を利用することができます。
1.専用サーバー共有回線サービス
2.専用サーバー専有回線サービス

第11条 (サービス内容の追加)
ServerLeaseは前条で定めた内容以外のサービスを追加することがあります。

第12条(サーバー、ネットワーク及びIPアドレスの利用停止等)
ServerLeaseは、サービス利用者が電子メールを第22条第2項各号の何れかに該当する目的あるいは不特定多数または特定の電子メールアドレスに対して常識を超えた数の電子メールを発信した場合、若しくはその恐れがあると判断し、あるいはその他の理由でその利用が不適当と判断する場合、当該サービス利用者に事前に通知することなく当該のサーバー、ネットワーク及びIPアドレスの利用停止することがあります。

第13条(サーバー上の文書やデータ等の削除)
ServerLeaseは、サービス利用者がサーバーに格納した文書やデータ等の内容が、第22条第2項各号の何れかに該当し若しくはその恐れがあると判断し、あるいはその他の理由で不適当と判断する場合、当該サービス利用者に事前に通知することなく当該文書やデータを削除またはサーバーを停止することがあります。

5章 利用料金等

第14条(ServerLeaseの利用料金)
サービスの利用料金、算定方法等は、 ServerLeaseが別途定めるとおりとします。

第15条(最低利用期間)
1. サービスの利用に関する契約の起算日は利用が開始できることをServerLeaseがサービス利用者に通知した日とします。

第16条 (決済手段)
サービス利用者は利用料その他の債務を各サービス利用者ごとに ServerLeaseが承認した以下の何れかの方法で履行するものとします。
(1)銀行振り込み
(2)ServerLeaseの指定する集金代行業者と口座振替委託契約を締結することにより支払う方法
(3)その他 ServerLeaseが定める方法による支払

第17条(決済)

1. ServerLeaseは利用料金を初回設定費用及び利用料に関して、サービス利用者の利用開始日までに請求するものとする。
2. ServerLeaseは毎月の利用料金以外の請求が生じた場合、随時請求するものとします。
3. ServerLeaseは前項に基づき算出された金額及びこれにかかる消費税相当額等を、サービス利用者に請求するものとします。
4. サービス利用者は各自の決済手段により、ServerLeaseの指定する支払条件または集金代行業者等で別途定める支払条件に従い、支払を行うものとします。
5. サービス利用者と集金代行業者の間で料金その他の債務を巡って紛争が発生した場合、当該当事者間で解決するものとし、 ServerLeaseは一切の責任を負わないものとします。

第18条(延滞利息)
1. サービス利用者が利用料その他の債務を支払期日を過ぎてもなお履行しない場合、サービス利用者は支払期日の翌日から支払の日の前日までの日数に、年14.5%の割合で計算される金額を延滞利息として、利用料金その他の債務と一括して、 ServerLeaseが指定した日までに指定する方法で支払うものとします。
2. サービス利用者が利用料その他の債務を不当に免れようとしたとServerLeaseが判断した場合、その免れようとした金額の2倍に相当する金額を延滞損害金として請求することがあります。
3. 前項支払に必要な振り込み手数料その他の費用は、全て当該サービス利用者の負担とします。

第6章 使用条件等

第19条(サービス内容の変更)
ServerLeaseはサービス利用者への事前の通知なくしてサービス内容を変更することがあり、サービス利用者はこれを承諾します。

第20条(サービス内容の無保証)
サービス内容はServerLeaseがその時点で提供可能なものとします。 ServerLeaseは提供する情報、サービス利用者が利用者のサーバーに設置する内容及びソフトウェア等について、の完全性、正確性、適用性、有用性等いかなる保証をも行いません。

第21条(サービスの一時的な中断)
1. ServerLeaseは以下の何れかが起こった場合にはサービス利用者に事前に通知することなく一時的にサービスを中断することがあります。
(1) システムの保守を定期的に又は緊急に行う場合
(2) 火災、停電、上流ネットワークでの事故等によりサービスの提供ができなくなった場合
(3) 地震、噴火、洪水、津波等の天災によりサービスの提供ができなくなった場合
(4) 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等によりサービスの提供ができなくなった場合
(5) その他、運用上あるいは技術上ServerLeaseがサービスの一時的な中断が必要と判断した場合
2. ServerLeaseは、前項各号の場合以外の事由により ServerLeaseの提供の遅延又は中断等が発生したとしても、これに起因するサービス利用者又は他の第三者が被った損害について一切の責任をも負わないものとします。

第22条(自己責任の原則)
1. サービス利用者は自己のサーバーによりなされた一切の行為およびその結果について、当該行為を自己がしたか否かを問わず、責任を負います。
2. サービス利用者は以下の行為をしないものとします。
(1) 公序良俗に反する行為
(2) 犯罪的行為に結びつく行為
(3) 他のサービス利用者又は第三者の著作権を侵害する行為
(4) 他のサービス利用者又は第三者の財産、プライバシー等を侵害する行為
(5) その他、法律に反する行為
(6) 他のサービス利用者又は第三者を誹謗中傷する行為
(7) 選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為及び公職選挙法に抵触する行為
(8) サービスの運営を妨げ、或は ServerLeaseの信頼を毀損するような行為
(9) 法律、条例または命令等に抵触すると判断された場合
3. サービス利用者がサービスの利用を利用した結果、第三者に対して損害を与えた場合、サービス利用者は自己の責任と費用をもって解決し、 ServerLeaseに迷惑を掛け或は損害を与えることのないものとします。
4. ServerLeaseはサービスの利用により発生したサービス利用者および第三者の損害全てに対し、いかなる責任をも負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。
5. サービス利用者が本条に違反してServerLeaseに損害を与えた場合、 ServerLeaseは当該サービス利用者に対して被った損害の賠償を請求できるものとします。

第23条(変更の届出)
1. サービス利用者は、住所、銀行口座の変更、その他ServerLeaseへの届出内容に変更があった場合には、速やかにServerLeaseに変更の届出をするものとします。
2. 前項届出がなかったことでサービス利用者が不利益を被ったとしても、 ServerLeaseは一切その責任を負いません。

第24条(譲渡禁止)
サービス利用者は認められた場合を除きサービス利用者として有する権利を無断で第三者に譲渡若しくは使用させたり、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為はできないものとします。なお、婚姻による姓の変更等、ServerLeaseが承認した場合を除き、登録した氏名を変更できないものとします。

第25条 (サービスの利用停止処分等)
1. サービス利用者が、以下の何れかの項目に該当する場合、 ServerLeaseは当該サービス利用者に事前に何等通知又は催告することなく、停止処分とし、又はサービス利用者のサーバーの使用を一時停止することができるものとします。
(1) 申込み時に虚偽の申告をした場合
(2) 入力されている情報の改竄を行った場合
(3) サーバーおよびネットワーク、IPアドレスを不正に使用した場合
(4) サービスの運営を妨害した場合
(5) サービスの利用料等その他の債務の履行を遅滞し、または支払を拒否した場合
(6) 立替代行業者等によりサービス利用者の指定した支払口座の利用が停止させられた場合
(7) サービス利用者に対する破産の申立があった場合又はサービス利用者が準禁治産宣告若しくは禁治産宣告を受けた場合
(8) 本規約の何れかに違反した場合
(9) ServerLeaseの名誉を著しく毀損した場合
(10)その他 ServerLeaseがサービス利用者として不適当と判断した場合
2. 前項の場合、サービス利用者は期限の利益を喪失し、当該時点で発生している利用料その他の債務等ServerLeaseに対して負担する債務の一切を一括して履行するものとします。
3. サービス利用者が本条第1項各号の何れかに該当することでServerLeaseが損害を被った場合、ServerLeaseは停止処分又は当該サーバーの一時停止の有無に拘わらず、被った損害の賠償を請求できるものとします。

第26条 (サービス利用停止)
1. サービス利用者が利用停止する場合は文章もしくは電子メールにて ServerLeaseにサービスの停止を希望する日の1ヶ月前まで届け出るものとします。 ServerLeaseは、既に受領した利用料その他の債務の払い戻し等は一切行いません。
2. サービス利用者資格は一身専属性のものとします。 ServerLeaseは当該サービス利用者の死亡を知り得た時点を以って前項届出があったものとして取り扱います。
3. 本条によるサービス利用停止の場合、当該時点において発生している利用料その他の債務の履行は本規約第5章に基づきなされるものとします。

第27条(サービス提供の中止)
1. ServerLeaseは2ヶ月以上前に合理的な方法によりサービス利用者に通知のすることでサービスの提供を中止することができます。ただし、やむをえない理由がある場合はこの限りではありません。
2. ServerLeaseはサービスの提供の中止の際、前項の手続を経ることで、中止に伴うサービス利用者又は第三者からの損害賠償の請求を免れるものとします。

第28条(ドメイン名紛争処理方針)
1.Serverleaseを通してドメイン名を予約または登録、あるいは他のレジストラからドメイン名を移転した場合、サービス利用者は紛争処理が発生した場合、下記のウェブサイトに記述されている方針に従い、紛争処理を行うものとします:
ICANN UDRP
2.ASCIIドメインの登録規約については、下記のウェブサイト上の方針に従うものとします:
EXHIBIT A Registration Agreement


第28条 (専属的合意管轄裁判所)
サービス利用者とServerLeaseの間で訴訟の必要が生じた場合、ServerLease本店所在地を管轄する地方裁判所または簡易裁判所をサービス利用者とServerLeaseの第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


Copyright © 2004 SERVERLEASE.COM, CEBTT Inc. All rights reserved